Medical Social Worker

医療ソーシャルワーカー

 

医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker)とは、保健医療分野におけるソーシャルワーカーである。

 

主に病院において疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図ることを目指す専門職である。

 

資格と現状

医療ソーシャルワーカーとして勤務するための資格は無いが、ほとんどの病院で社会福祉士を保持することを条件としている。採用が内定しても、「社会福祉士国家試験に不合格の場合内定を取り消す」と明示している病院も少なくない。

理由としては、

1,診療報酬点数の中に「社会福祉士」であることで請求できるものがあること。

2,病院機能評価機構が実施する評価の中に、選任のソーシャルワーカー配置や専用の相談室の設置などがある。

 などが考えられる。

また医師をはじめ、看護師、薬剤師、臨床検査技師など国家資格を保持している職種が働く機関において、無資格であることが許されないという情緒的な理由も考えられる。

資格は無いが実質的には社会福祉士を保持することが必要といえよう。


また、『医療ソーシャルワーカー業務指針』が国によって定められ、「社会福祉の立場から専門的援助を行うこと」や「業務の範囲」などが定められている。

 

規定した法律

医療ソーシャルワーカーについて規定した法律はなく、各所属機関における職名は統一されていない。

「医療福祉相談員」、「医療社会事業司」、「医療社会事業専門員」、「医療社会事業士」などの名称(資格名ではない)が使用されている。

 

業務内容

 

1958年に『保健所のおける医療社会事業の業務指針』に詳しく規定されている。

病院、診療所、介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設、精神保健福祉センターなどの機関に配置されている医療ソーシャルワーカーについては、1989年に通知され、2002年に改訂された『医療ソーシャルワーカー業務指針』がある。

これは、当事者団体はもちろんのこと、医師会、看護協会などの関連団体での検討のもと作成され、厚生労働省局長通知として全国に通知されたものである。

ブックメーカー ネッテラー ウィリアムヒル ピナクルスポーツ bet365

inserted by FC2 system